人気の和装レンタル活用法

和装レンタルの様々な情報をご紹介!

新郎の和装:紋付袴の特徴

紋付袴の特徴 結婚式という一生の思い出に残るであろう一大イベントを素晴らしいものにするためには、当事者が着る衣装にこだわることが肝心で、それは和装での結婚式においても当然当てはまります。和装での結婚式の場合には、新郎には紋付袴が正礼装として用いられますが、その名称は略されたもので、正式には黒五つ紋付き羽織袴と言います。
その特徴としてまず挙げられるのは、全体的には黒の無地であるという点です。また着物以外の小物については白一色で揃えることになります。
次に特徴として挙げられるのは、背中心、両胸、両外袖の5ケ所に家紋が施されているという点です。本来であれば家紋は染付であるべきなのですが、通常の男性は自分用に作った紋付袴を持ってはいないでしょう。そのためレンタルで済ませる場合が多いということから、家紋を施した布を5ヶ所に張り付けるというやり方が一般的です。
そのように正礼装である黒五つ紋付き羽織袴とは異なり、二次会などでは色紋付き袴を斬る場合もあります。

タキシードが似合わない花婿も安心!日本人はやっぱり和装が似合う!

タキシードが似合わない花婿も安心!日本人はやっぱり和装が似合う! 一生に一度の結婚式で、お色直しのあとの衣装選びで迷う方も多いのではないでしょうか。スタンダードはやはりカラードレスですが、そこであえておすすめしたいのが「和装」です。
和装は前撮りだけで済ませてしまうという方も多いですが、それはもったいないです。結婚式で和装を着ると、それに合わせて入場曲や引出物、小物なども和テイストのものを選ぶことになりますから、選択肢が狭くなって選びやすいというメリットもあります。
入場のときは和傘を持って入場し、扉が開いて和傘をぱっと持ち上げると会場からは喜びと驚きの歓声が聞こえます。何色のドレスかな?と考えていたゲストにとっては、意表を突かれてばっちり印象に残るでしょう。お酒のお好きなゲストが多い場合は、鏡開きをして樽酒を振る舞うのもおすすめです。
白のタキシードはちょっと抵抗がある、という花婿さんは、ぜひ和装にチャレンジしてみてください。ご家族や親族にも喜ばれること間違いなしです。