人気の和装レンタル活用法

和装レンタルの様々な情報をご紹介!

結婚式を和装で行う:振袖の特徴

結婚式を和装で行う:振袖の特徴 着物は日本独自の古来から続く民族衣装です。
年々着物離れが進み町中で着物姿を見かける事が少なくなりましたが、「和装」は後世に遺したい日本の文化です。
結婚式に着物姿があると、結婚式が一段と立派なものに見えてきます。
息子や娘などごく近い家族の結婚式に、新郎新婦の友人や従妹などの若い人達が艶やかな着物を着て参列してくれると、有り難うと言いたくなります。
着物姿が結婚式にあるという事は、目出度い祝いの席をより華やかにより厳粛に演出してくれるものです。
結婚式に新婦がお色直しをしますが、その時に振袖を着るのも良いことです。
自分の着物、又は母親のものを持ち込んで着るのです。
振袖は折角用意しても、成人式に一度着ただけで終わるという事もあり得ます。
袖を通す機会が無いというのは非常に勿体ないので、自分の結婚式の披露宴を着用の機会とします。
振袖は若い人の着物の入門の装いという事も出来ます。
和装文化を将来にも伝える為にも着る機会を大事にしたいものです。

結婚式を和装で行う:オーガンジー打掛の特徴

結婚式を和装で行う:オーガンジー打掛の特徴 日本に古くからある伝統的な服装として白無垢や色打掛がありますが、近年ではオーガンジー打掛も結婚式で着られる和装として人気があります。
オーガンジーは生地の名称であり、透明感があって軽いのが特徴です。
本来はドレスや洋服などで使われているものですが、打掛の上から羽織ることで今までの和装にはない新たなテイストに仕上げることができます。
和服でありながらも洋風の素材を取り入れることによって堅苦しくなりすぎずモダンな雰囲気になるため、和と洋のいいとこ取りがしたい方や、一般的な衣装では物足りないという方に人気です。
また、柄についても伝統的なものから今風で斬新なものまで様々な種類があるだけでなく、素材の印象によって柔らかな雰囲気になるのも魅力です。
今までの打掛に比べて安くすませることができる上に、非常に軽く動きやすいので和装で結婚式がしたいけど値段や大変さが気になる方や、夏でも涼しげに式を挙げたい方にもぴったりです。