人気の和装レンタル活用法

和装レンタルの様々な情報をご紹介!

結婚式を和装で行う:白無垢の特徴

白無垢の特徴 白無垢とは、表裏白一色で仕立てた武家の最も格調高い婚礼衣裳です。掛下から小物まで全て白で統一されます。
そもそも無垢とは梵語で汚れの無い純真を指し、日本でも、白を邪気を払う神聖な色として、神様に使える人が祭服の色として用いられてきました。現在でも、神事に関する時や、生まれた時、死んだ時にも白い服が使われます。白無垢には「生まれた家の娘として一度死んで、嫁いだ家の嫁として新たに生まれ変わる」という意味があると言われています。古くは死ぬ覚悟で嫁ぐという意味が含まれていましたが、最近では「嫁ぎ先のどんな家風にも染まる」とか「純潔を誓います」といったメッセージが強く含まれるようになりました。
白無垢を用いた和装婚では、古くから花嫁の髪型として「文金高島田」という日本髪が結われてきました。それに綿帽子または角隠しと呼ばれる被り物をしますが、最近では洋風のヘアアレンジも一般的になりました。
和装による婚礼が再び注目されるようになったことにより、髪型に限らず、伝統的なスタイルだけでなく現代風にアレンジされたスタイルも一般的になりつつあります。

結婚式を和装で行う:色打掛の特徴

結婚式を和装で行う:色打掛の特徴 和装婚の場合、新婦は白無垢か色打掛となり、文金高島田が定番です。最近は、余りしきたりなどに捉われず、今風を貫く若者も増えていますが、やはり日本の伝統というものは大切にしていかなくてはならないでしょう。色打掛は煌びやかな柄が美しく、結婚式は和装でという女性も少なくありません。
豊富なデザインと柄から、自分好みの打掛を選び、人生で一番輝く時ですから、思い出深いものにしたいものです。昔は、打掛と言えば、赤か金がほとんどで、バリエーションもそんなに多くはなかったです。
今でも、一番人気は赤ですが、ピンクやパステルカラーも人気となっています。色打掛の特徴としては、豪華な大小の花模様が多いですが、背の高い人は柄も大きく、小柄な人は柄が小さい方がしっくりきます。これは、押さえておくポイントの一つです。
それから、帯等とのコーディネートも考えないと、バランスが悪くなります。全体的に映えるように、衣装も大事ですが、立ち振る舞いにも気を付けましょう。